ママのチーズケーキニュース

東京初出店!3時間で完売した富山発お取り寄せチーズケーキ「ママのチーズケーキ」が原宿の令和食品館に出店

東京初出店!3時間で完売した富山発お取り寄せチーズケーキ「ママのチーズケーキ」が原宿の令和食品館に出店

株式会社VentureBlossom(本社:富山県南砺市、代表:小泉 咲吾)が運営するスイーツD2Cブランド「ママのチーズケーキ」は、10月より株式会社mood(本社:東京都三鷹市)が運営する「令和食品館」(東京都渋谷区神宮前)に出店します。 「毎日の終わりに、ほっと一息つく一瞬を。」をコンセプトとしたチーズケーキとガトーショコラ専門店を富山県のお菓子店で期間限定販売し、6日で300食以上完売、オンライン販売開始後3時間で完売した実績があるブランドです。インスタグラムでは「どこか懐かしい思い出のチーズケーキ」をテーマとした投稿をしております。商品コンセプトに「母への感謝」を込めておりますので、商品1つ1つ手作りで丁寧に焼き上げております。   商品一覧 「ママのチーズケーキ 1本/¥2,000(税込)送料別」チーズケーキは、おばあちゃんの大好きな味。なめらかでクリーミーなクリームチーズとサワークリームをメインに、生クリームを使用し、よりなめらかに仕上げ、とろける食感と口どけの良さにこだわったチーズケーキです。お年寄りから小さな子どもまで食べられるよう、レモン/香料は使っておりません。とろける食感とアーモンドを加えたクッキーのさくさく感のハーモニーをお楽しみください。  ママのチーズケーキのコンセプト パティシエである芳賀は母子家庭である母のもとに産まれ、毎日忙しく働いて帰ってきては、休むことなくご飯を作り、溜まった服を洗って干して、仕事に出かける。常に忙しくしている母を横目に、当時の彼女はなにもできませんでした。ですが、少しでも力になりたいと思い、ご飯の作り方を彼女の祖母に教わっていたそうです。その祖母の大好きな大好きな食べ物がチーズケーキです。それを知った中学生の芳賀は「ケーキなら家族で1番上手に作れるようになるかも。おばあちゃんを笑顔にしたい。」と考えるようになった。これがママのチーズケーキの始まりの1歩です。9年経った現在、ママのチーズケーキで母のような多忙なママさんのホッと一息つく一瞬を提供します。  令和食品館とは? どこか懐かしい雰囲気を持ちながらも、飲食業の新たな文化を発信する食のセレクトショップ。これまで文化の発信地としてさまざまな文化を作り上げてきた原宿。しかし、新型コロナウイルスの影響で文化の発信が停滞し、これまで作り上げてきたものが見直されるようになった。原宿という文化の発信地において、古きを保ちつつも、固定概念に囚われない「新たな飲食業のカタチ」を発信。■複数の飲食ブランドと契約し、定番メニューを販売今回、合計7種の飲食ブランドから5種類のフード、6種類以上のドリンクを販売。東京各地で話題を呼んだ商品をここ原宿・神宮前にて一気に楽しむことが可能に。■店舗を持たないブランドが発展していく機会の創出直近、コロナ禍の影響で多くの飲食ブランドが店舗からの撤退を余儀なくされている中で、店舗を持たずとも、メニューを提供することが可能となり、さらにはそのブランド自体が発展していく機会を創出。  施設概要 ■令和食品館:東京都渋谷区神宮前4-27-2 Section L Pop-up House 1F■令和食品館 公式HP:https://www.reiwafoodcollection.com/■営業時間:令和食品館11:30-20:00(Section L Pop-up House11:30-24:00)
続きを読む